ランウェイ通信 Vol.119


 ランウェイ通信  Vol. 119 | 2015.02.08

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. これからの医療を担う「家庭医」さんとのコラボが始まります!
 2. イタリア特派員 小林真子のフィレンツェ便り
             『From Italy 1 - イタリア流バレンタイン』
 3. 「ランウェイの料理教室」のご予約状況(2015.02.08 20:00 現在)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. これからの医療を担う「家庭医」さんとのコラボが始まります!
___________________________________

 ランウェイでは、今年から新たな取り組みをスタートいたします。第1弾
 は、港区・芝浦のコミュニティスペース「SHIBAURA HOUSE」さんとの
 共催イベントを予定しておりますが、現在こちらの企画では、弊社と一見  関係がないように思えるお仕事の方と準備を進めています。

 その方とは「家庭医」と呼ばれる医師。お医者さんについては、皆さんも  よくご存知かと思いますが、家庭医という名称はあまり聞いたことがない  のではないでしょうか?

 医師は例えば産婦人科、皮膚科のように、それぞれの専門を持っています。  医師免許を取得した後、専門分野で何年も専門医研修を積み、産婦人科医  や皮膚科医などとして従事します。そして家庭医も、23分野ある専門医の  うちの1つに認定された専門医なのです。

 どこか身体に不調があるときだけ病院に行くのが日本では一般的ですが、  予防のために健診を受けたり、これといった病気がないときでも医師に相  談したいときはありますよね。

 欧米では、最初から総合病院や大学病院に行くことはなく、それぞれの家  庭が持っている地域の「かかりつけ医」で、普段から身体の気になること  を相談し、家族みんなで診てもらう慣習があります。家族の身体に関する  アドバイザーであり、必要なときには専門医に繋いでくれるのが、かかり  つけ医として存在する専門医、家庭医なのです。

 家庭医は家系図を書いて遺伝的なものはないか調べたり、体調を崩してい  る子どもがいる場合には、他の家族に影響していないかなども観察するの  だそう。

 また、お母さんが妊娠している時期には、妊娠中の食生活のアドバイスを  したり、必要であれば栄養士を帯同して家庭を訪問し、栄養相談に乗った  り。家庭医のお仕事は、病気を診るだけではないのですね。

 一家との長いお付き合いの中で、むしろ病気にならないよう、どのように  健康を維持していくか、日頃の生活習慣の大切さを伝道している印象が、  家庭医にはあります。

 日本の医療制度が大きく変わるであろう今後、このような役割を持つ医師  の大切さがより認識されてくるでしょう。

 家庭医とランウェイ。全く畑違いのように思われるかもしれませんが、こ  れからどのような活動をしていくのか、次回のランウェイ通信でお伝えし  たいと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 2. イタリア特派員 小林真子のフィレンツェ便り
  『From Italy 1 - イタリア流バレンタイン』

___________________________________

 今回からコラムを担当する小林真子と申します。現在生活しているイタリ  ア・フィレンツェから、皆さまに役立つ情報をいろいろとお届けできれば  と思っております。どうぞよろしくお願いします。

 さて、バレンタインまであと6日。プレゼントやご予定はもう決まりまし
 たか?今回は、イタリアのバレンタイン事情についてご紹介します。

 イタリアといえば「アモーレ(愛)の国」なんて、世界中でよく言われま  すが、そんなイタリアのバレンタインはというと、そもそも「バレンタイ  ンデー」はイタリアが発祥の地だそうです。

 バレンタインは、イタリア語で「San Valentino(サン・バレンティー
 ノ)」と言います。ただ、イタリアでもこの日は祝日ではなく、学校や会
 社、お店なども通常通りです。

 イタリアでバレンタインはまたの名を「Festa degli innamorati(フェス
 タ・デッリ・インナモラーティ)」、直訳すると「恋人たちの記念日」と
 呼びます。

 すでに恋人同士のカップルが、お互いの気持ちを確認しあってお祝いする   日なのです。女性から男性へチョコレートを渡して告白、などという習慣  は全くありません。「女性から男性へ」というキマリもなければ「チョコ  レートを渡す」というキマリも「好きな人へ告白」というのもなし。ホワ  イトデーも存在しません。

 イタリアではバレンタインには、男性から女性へプレゼントを贈ることが  主流だそうです。特に人気のプレゼントは赤いバラだとか。アクセサリー  や下着なども人気のプレゼントのようです。もちろん女性から男性へプレ  ゼントすることもあります。

 また、バレンタインデーはイタリアで「最もレストランの予約が取りにく  い日」。日本と同様、カップルでロマンチックなディナーを楽しむのもイ  タリアの習慣です。レストランもこの日はこぞってバレンタイン特別ディ  ナーを企画したりします。

 ところで、イタリアでロマンチックなディナーとして選ばれるレストラン  はどんなところかわかりますか?

 実は「お寿司が食べられる日本食レストラン」が人気なんです。日本人に  とってオシャレなレストランといえばフレンチやイタリアンが挙げられま  すが、イタリア人にとっては「寿司・日本食」なんだとか。

 実際、イタリア人から一番多くされる質問も「居住地の(例えば、フィレ  ンツェの)日本食レストランはどこが一番いい?今度恋人と行きたいんだ  けど!」なんです。もう何十回、この質問を受けたことか。。。

 さて、イタリアのバレンタイン事情はいかがでしたでしょうか?

 イタリア・フィレンツェからお伝えしている私のブログ「AmicaMako イタ  リアンスタイル」では、料理、旅行、ファッションなどをテーマに、イタ  リア情報をお伝えしています。

 写真も沢山載せていますので、よろしければぜひ一度のぞいてみてくださ  い。それでは皆さま、素敵な「San Valentino」をお過ごしくださいね!

  [ ブログ ]
   AmicaMako イタリアンスタイル :
    http://www.blog.amicamako.com/

  [ フィレンツェ発直輸出 オンラインショップ ]
   AmicaMako イタリアンファッションを日本へ :
    http://www.amicamako.com/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  3. 「ランウェイの料理教室」のご予約状況(2015.02.08 20:00 現在)
___________________________________

 『ランウェイ通信 - Vol. 119』の配信日、2/8(日)20時現在、直近3   週間のレッスンについて、掲載しております。

 当ニュースレターをご覧いただく時点において、残席は変動している場合  がございますので、お申し込み前に必ず予約システムの空き状況をご確認  ください。

 [ 単発レッスン ]

 「花嫁のための献立修業」

  講師 : 児玉奈央
  料金 : 6,000円
  日時 : 2/16(月)19:00〜21:30 [白金ラボ] - 残り3席
      2/27(金)19:00〜21:30 [白金ラボ] - 残り2席
  詳細 :
  http://food.runway-jp.com/course/class-hanayome-kondate-1/

 「はじめてのテーブルコーディネート」

  講師 : 二本柳志津香
  料金 : 4,500円
  日時 : 2/28(土)10:00〜12:00 [白金ラボ] - 残り3席
      2/28(土)13:00〜15:00 [白金ラボ] - 残り2席
  詳細 :
  http://food.runway-jp.com/course/class-hajimete-table-1/

 お申し込みは、予約フォームよりお願いいたします。

  予約フォーム : http://food.runway-jp.com/forms/yoyaku/

 予約フォームにてお申し込みができない場合には、お電話、または
 メールでお問い合わせください。

  電話 : 03-5421-7442
  メール : info@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ  ければ幸いです。また、以下のフォームよりご登録いただければ、宛先リ  ストに追加いたします。

  登録・解除フォーム :
   http://newsletter.runway-jp.com/bm/p/f/tf.php?id=runway

 なお、今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望の方  につきましても、上記フォームよりお手続きを行うことが可能ですので、  よろしくお願いいたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ
 [ ランウェイの料理教室 | ランウェイのデザインギャラリー ]

 TEL : 03-5421-7442
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/