ランウェイ通信 Vol.110


 ランウェイ通信  Vol. 110 | 2014.07.02

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. 今夏、ランウェイの料理教室はリニューアルいたします。
 2. 二本柳さんのテーブルコーディネートは、ご案内が盛りだくさん!
 3. 瀬尾洋介の家具と雑貨のお話『Topic 10 - 縁の下の収納家具』
 4. 田中博子のお菓子づくりのアイデアメモ
           『Story 25 - 今年のアルザスツアーについて』
 5. 「ランウェイの料理教室」の空席状況(2014.07.02 20:00 現在)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. 今夏、ランウェイの料理教室はリニューアルいたします。
___________________________________

 6/9(月)よりWebサイトに掲載しております通り、この度「ランウェイの  料理教室」はリニューアルすることになりました。

 これまで5年間にわたり、さまざまなレッスンを開催してまいりましたが、  皆さまからいただいたご意見、ご要望を反映し、より満足いただけるレッ  スンを提供したいと思っております。

  リニューアルのお知らせ:
   http://food.runway-jp.com/topics-and-news/2014/
   20140609.html

 レッスン再開のお日にちや具体的なレッスンに関するお知らせは、本日時  点ではできかねますが、これからはご好評いただいた「花嫁料理」など、  生活に身近な家庭料理を中心に取り上げたいと考えています。

 今回はこの程度のご案内にとどめたいと思いますが、次号のランウェイ通  信にて、もう少しお伝えできれば良いですね。

 なお、7月はリニューアルの都合上、料理、パン、お菓子のレッスンはお休  みとさせていただき、テーブルコーディネートのレッスンのみの開催となり  ますので、ご了承ください。

 また、直近でレッスンにお越しいただいた皆さまには、料理教室について  いろいろなご意見を頂戴し、どうもありがとうございました。

 引き続き、ご要望など大歓迎ですので、弊社までお知らせいただけると幸  いです。よろしくお願いいたします。

  株式会社ランウェイ : info@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  2. 二本柳さんのテーブルコーディネートは、ご案内が盛りだくさん!
___________________________________

 昨年の11月よりスタートし、毎月楽しみにしてくださる方も多いテーブル  コーディネーター 二本柳志津香さんのレッスン「はじめてのテーブルコー  ディネート」。

  二本柳志津香(テーブルコーディネーター):
   http://food.runway-jp.com/our-collection/shizuka-
   nihonyanagi/

 季節に合わせた基本的なコーディネートを、スタイリッシュ、エレガント、  ガーリーなど、さまざまなテイストでお教えしているのが、人気の秘訣で  しょうか。

 また、このレッスンは二本柳さんが所属している「日本テーブルデザイナー  協会」認定のレッスンとなっており、12か月のレッスンをすべて学んでい  ただけますと、協会の「基礎科」ディプロムを発行いたします。

 どの月からスタートしていただいても大丈夫ですので、今年はぜひテーブ  ルコーディネートを始めてみませんか?

  はじめてのテーブルコーディネート :
   http://food.runway-jp.com/course/class-hajimete-table-1/

 さて、この度日本テーブルデザイナー協会の理事長松尾洋子さんと二本柳  さんを始めとする認定講師の皆さんによる著書「二十四節気テーブルコレ  クション 〜食卓からのメッセージ〜 」が出版されました。

  二十四節気テーブルコレクション 〜食卓からのメッセージ〜 :
   http://www.lereve.co.jp/book02.html

 こちらの出版記念パーティーの準備で、現在二本柳さんは大忙し。会費制  (8,000円)となっておりますが、東京会場は恵比寿で行われるとのこと  ですので、ご興味のある方はランウェイまでお声掛けくださいませ。

 さらに、7月は東京ビッグサイトで開催されます「ブライダル産業フェア   2014」にて行われる「ブライダル・テーブルコーディネート・コンテス   ト」にも出品されるそう。

 こちらはどなたでも入場できますので、ぜひ二本柳さんの作品を見にいら  していただければと思います。

  ブライダル産業フェア 2014 : http://www.bridalnews.co.jp/fair/

 7月のレッスンのテーマは「夏のバースデー」。ガラスの器について学びな  がら、初のエスニックスタイルをお楽しみに!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 3. 家具職人 瀬尾洋介の家具と雑貨のお話
  『Topic 10 - 縁の下の収納家具』
     http://design.runway-jp.com/our-collection/yosuke-seo/

___________________________________

 インテリアの悩みとして多いのは「収納」についてです。本の収納。雑貨  の収納。洋服の収納。。。

 使わないものや、見せたくないものは収納部屋に押し込める、なんて荒技  もアリかもしれませんが、日常的に使うものなんかはすぐに取り出したい  で すし、ましてやそんな収納専用部屋なんて、なかなか持てませんよね。

 今回私が製作した収納は、本や雑貨をきれいに見せ、かつ収納力も確保し  た本棚です。

  縁の下の収納家具 :
   http://seoshouten.jp/contents/縁の下の収納家具/

 本棚や飾り棚の大きな問題として、棚板を「可動式」にするか「固定式」  にするかがあります。

 可動式にすれば、自由に棚の位置が変更できますので、例えば本を収納す  るにしても、文庫が増えたら棚のピッチを狭くしてあげればいいし、雑誌  だけにしたいのであればピッチを広げればいいですね。万能な使い方がで  きます。

 反面、優柔不断ともいえますよね。これが固定式であれば、その人のスタ  イルが全面に出て、飾る本や雑貨からも雰囲気が滲み出てくるのです。と  言ったらちょっと大げさかもしれませんが、要するに迷いが無い、潔さが  出るんです。

 それに、無駄に本を増やすことが少なくなります。これは結構重要でして、  例えば大きい倉庫を借りてしまったために物がどんどん増えてしまうなん  ていうのはよくあります。制約があることで、厳選できるわけです。

 もう一つ、この本棚の特徴として「存在感を出しすぎない」ことを考えま  した。固定式にしたことと、もともとこの収納のサイズが大きいこともあ  って、そのままですとインパクトがありすぎます。

 あくまで収納するモノがメインですし、インテリアから浮かないことが重  要。最初からそこにあったように、後から付け足したことがわからないデ  ザインです。

 写真ではまだ本は飾られていませんが、これが本で埋まった時、この本棚  の存在感が消えてしまう方が良いなと思いました。

 縁の下の力持ち。主役を支える黒子。これがこの家具の一番の役割です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 4. パティスリークリエイター 田中博子のお菓子づくりのアイデアメモ
  『Story 25 - 今年のアルザスツアーについて』
     http://food.runway-jp.com/our-collection/hiroko-tanaka/

___________________________________

 今年のアルザスツアーは、6月から告知を開始したいところでしたが、も   うすぐ開始できそうです。4回目になる今年は、日程を8日間で組んでみま  した。

 10/16(木)成田発、10/23(木)に帰国のスケジュールで確定してお   り、現在旅行会社さんの方でツアー料金を計算中となっています。

 10/18(土)にはイザベルさんのレッスン、10/19(日)は「Maison Fer  ber(メゾン・フェルベール)」でのレッスン。イザベルさんやクリステ   ィーヌさんには、レッスンの予約は済んでいます。今年はどんなお料理や、  ジャムが習えるのだろうと楽しみです。

  Maison Ferber : http://www.christineferber.com/

 そして、もうすぐ50年を迎える歴史ある「メゾン・フェルベール」は、つ  いに新しいアトリエの建設と改装工事が始まります。

 数年後には、近代的な(?)ラボやお店になってしまうような。。。どん  な風に新しくなるか、詳しくは10月にクリスティーヌさんが教えてくれる  かと思います。

 個人的には、昔からの雰囲気の「メゾン・フェルベール」を、皆さんにい  まのうちに見ていただきたいですし、訪問していただきたいと思います。

 まるで一枚の絵のような完璧な美しさのショーウィンドウ。ジャムやお菓  子はもちろんのこと、手づくりの飾りでデコレーションされた店内。なん  とも温かみのある雰囲気は、何回訪れても嬉しく、幸せな気分にさせてく  れます。

 また、オリジナルのアルザス焼きの食器や、アルザスのリネンも販売され  ています。村そのものも素晴らしく、可愛らしい。

 ぜひこの旅が、皆さまの新しい発見となりますことを願って、今年もツア  ーを開催したいと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  5. 「ランウェイの料理教室」の空席状況(2014.07.02 20:00 現在)
___________________________________

 『ランウェイ通信 - Vol. 110』の配信日、7/2(水)20時現在、直近3週
 間で残席のあるレッスンのみ抜粋し、掲載しております。

 ご予約の際、空席がある保証はございませんので、お申し込み前には必ず  各レッスンのページに記載の空き状況をご確認ください。

 また、他のお日にちでもキャンセルが出ている場合もありますので、適宜  ページをご確認いただけますようお願いいたします。

 [ 単発レッスン ]

 「はじめてのテーブルコーディネート」

  講師 : 二本柳志津香
  料金 : 5,000円
  日時 : 7/26(土)10:00〜12:00 [白金ラボ] - 残り2席
      7/26(土)13:00〜15:00 [白金ラボ] - 残り3席
  詳細 :
  http://food.runway-jp.com/course/class-hajimete-table-1/

 お申し込みは、予約システムよりお願いいたします。
 (ご予約、キャンセルは、開催日「3日前の20時まで」お受けいたします)

  予約システム : http://runway.resv.jp/?smp=1

 予約システムにてお申し込みができない場合には、お電話、または
 メールでお問い合わせください。

  電話 : 03-5421-7442
  メール : info@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 直隆
  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ  ければ幸いです。また、以下のフォームよりご登録いただければ、宛先リ  ストに追加いたします。

  登録・解除フォーム :
   http://newsletter.runway-jp.com/bm/p/f/tf.php?id=runway

 なお、今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望の方  につきましても、上記フォームよりお手続きを行うことが可能ですので、  よろしくお願いいたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ
 [ ランウェイの料理教室 | ランウェイのデザインギャラリー ]

 TEL : 03-5421-7442
 FAX : 03-5421-7443
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/