ランウェイ通信 Vol.066


 ランウェイ通信  Vol. 066 | 2011.12.30

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. 2011年も、皆さまには大変お世話になりました。
 2. 新年は「ガレット・デ・ロワ」で、幸せをゲットしましょう!
 3. ランウェイでは「ファッション」もデザインしています。
 4. ayaの東京コレクション日記『Collection 11 - G.V.G.V.』
 5. 田中博子のお菓子づくりのアイデアメモ
          『Story 5 - Confiture de Noel』
 6. 今後の料理教室スケジュール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. 2011年も、皆さまには大変お世話になりました。
___________________________________

 本日は、2011年最終号の『ランウェイ通信』をお送りいたします。

 今年は、港区・白金台に新たにスタジオを設け、夏以降こちらでも、様々  なレッスンやイベントを開催してまいりました。

 麻布スタジオと比較しますと、スペースは少し小さいものの、駅から近い  立地のため、忙しい方でも「会社帰りに気軽に」お越しいただけるレッス  ンを充実させることができました。

 また、ご近所にお住まいの方や、20代の方、そして男性の生徒さんにも   多くいらしてくださるようになったことが、今年の大きな変化だったと言  えるかもしれません。

 来年は、講師や開催数をさらに増やし、より多くの方々にご満足いただけ  るレッスンやイベントを企画したいと思っております。

 1/6(金)のイベント「映画『しあわせのパン』を体験しよう!」からの  スタートとなりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

  映画『しあわせのパン』を体験しよう!:
   http://www.runway-jp.com/event/event-shiawase-no-pan/

 それでは、今年も残りわずかとなりましたが、皆さま良いお年をお迎えく  ださい。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  2. 新年は「ガレット・デ・ロワ」で、幸せをゲットしましょう!
___________________________________

 「ガレット・デ・ロワ」というお菓子をご存知ですか?

 新年の1月に食べるフランスの伝統菓子が「ガレット・デ・ロワ」。アー   モンドクリームが詰まったパイ、と言い換えることができるでしょう。

 「ガレット・デ・ロワ」は幸福を運ぶお菓子として、1月6日の「エピファ  ニー(公現祭)」という日に食べられます。

 そのためフランスでは、年が明けるとお菓子屋さん、パン屋さんには、一  斉にこの「ガレット・デ・ロワ」が山積みになるそうです。

 日本でも、フランス伝統菓子を作られているケーキ屋さんで、よく見かけ  るようになってきました。まだあまり普及してはいませんが、新年にピッ  タリなスイーツ。

 そこで、今年最初のお菓子レッスン「パリの街角・手みやげスイーツ」で  取り上げることにいたしました。

  パリの街角・手みやげスイーツ:
   http://food.runway-jp.com/course/class-paris-sweets-1/

 お教えするのは、パティシエール 久保直子さん。パリで仕事をしていた   頃、毎年この時期には、毎日のように食べ、「焼きたてのおいしさが忘れ  られない」のだとか。

 お菓子レッスンの醍醐味は、出来たてが食べられること。ご参加いただく  皆さんには、先生の焼きたての味を十分満喫していただけることでしょう。

 そしてもう一つ、「ガレット・デ・ロワ」の楽しみは、パイの中に「フェ  ーブ(空豆)」が仕込まれていること。

 現在は実際の豆ではなく、陶器製のかわいい小物が使われますが、切り分  けた「ガレット・デ・ロワ」の中から、このフェーブが当たった人は、王  様(または女王様)になって、その日一日、みんなから祝福されることが  できます。

 「ランウェイの料理教室」では、お菓子の型をしたかわいい陶器のフェー  ブをご用意いたしました。

 年が明けた最初の3連休。1/8(日)、9(月・祝)の開催です。

 当日は、お一人様1台お持ち帰りいただけますので、周りの方にもぜひ、   幸せを運んでいただければと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  3. ランウェイでは「ファッション」もデザインしています。
___________________________________

 前回の『ランウェイ通信』では、ランウェイに所属する家具職人 瀬尾洋   介さんの造作家具について取り上げました。

 今号では、同じくランウェイで「ファッション」のデザインを担当するフ  ァッションクリエイター ayaさんをご紹介いたします。

  aya(ファッションクリエイター):
   http://design.runway-jp.com/our-collection/aya/

 現在、ayaさんが手がけているのは、キッズ向けのバックと帽子。年明け   1/17(火)に開校する「プレイグループたまプラーザ校」様向けのもの   です。

  プレイグループたまプラーザ校:http://playgroup-tamaplaza.com/

 東急田園都市線のたまプラーザで、子ども向けの英語教室を運営するプリ  スクール「プレイグループたまプラーザ校」に、これから通う子どもさん  たちが身に着けます。

 もともとは、こちらのWebサイト制作にランウェイが携わったことが、今  回のファッション製作に繋がりました。

 サイトを制作する中で、プリスクール運営への想い、考えを共有させてい  ただいた際、「ぜひ通っていただく子どもたちに、お揃いのリュックと帽  子をお配りしたい」というご相談を受け、形にすることに。

 デザイン画、サンプルを製作し、現在工場で生産をしております。

 「ランウェイの料理教室」にお越しいただいた方は、ayaさんデザインの   エプロンはご存知かと思います。

 また、白金スタジオの3階には、ayaさんが製作したカーテンや、クッショ  ンカバーなどのファブリックもございますので、スタジオにお越しの際は  ぜひお立ち寄りいただければと思います。

 「こんなものがあったら、もっとお客様に喜んでいただけるのに!」とい  うものが、身近にいろいろとあるかと思います。

 ランウェイでは、小ロットからでもオーダーメイドで承りますので、ご興  味がございましたら、お気軽にお声掛けください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 4. ファッションクリエイター ayaの東京コレクション日記
  『Collection 11 - G.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)』
         http://design.runway-jp.com/our-collection/aya/

___________________________________

 2011年も、もうすぐ終わりますね。寒さはこれからが本番ですが、気分   を変えて、来年の春夏物の洋服を一足早く覗いてみませんか?

 今回は、東京コレクション「2012 Spring/Summer」の中でも明るく、ハ  ッピーな気分にさせてくれる「G.V.G.V.」をご紹介したいと思います。

  G.V.G.V:http://www.gvgv.jp/

 デザイナーのMUGさんにより、1999年にスタート。「フェミニンとマス  キュリンの同居するオリジナルな世界観を、その時の感性で自由に発想」  というコンセプトを掲げています。

 明るくカラフルなカラーを出すシーズンもあれば、暗くて強いカラーを打  ち出すシーズンもあります。

 ボリュームのあるシルエットを取り入れたり、反対にボディコンシャスな  ど、シーズンによってスタイルも異なりますが、メンズライクなカッティ  ングによって生み出される独特な雰囲気は、バイタリティを感じさせます。

 またセレクトショップなどとのコラボレーションも行っており、注目され  ているブランドです。

 そして「2012 Spring/Summer」コレクション。テーマは「In The Spirit  of Maimi Beach」。

 マイアミのビーチでポーズをとる、50年代のピンナップガールのイメージ  から、パステルカラーのビスチェや、ボーリングシャツなど「50's」のデ  ィティールを現代風にアレンジ。

 南国植物プリントとアニマル柄を掛け合わせた、エキゾチックな雰囲気は  「G.V.G.V.」ならではのフェミニンとマスキュリンの要素によって、新し  いフォルムとカラーで表されています。

 一目見て、パステルカラーと「50's」テイストのアイテムに魅了されてし  まいそうです。

 また今回のコレクションには、MUGさんの「ハッピーな気分になれるよ   うに。より明るく、パワフルに。」という、今の日本に向けての想いが注  がれています。

 実際に店頭に並ぶのは、2、3月になってからだと思いますが、まずはコ   レクションの写真や動画を見て、みんなでハッピーな気分になりましょ   う。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 5. パティスリークリエイター 田中博子のお菓子づくりのアイデアメモ
  『Story 5 - Confiture de Noel(コンフィチュール・ド・ノエル』
     http://food.runway-jp.com/our-collection/hiroko-tanaka/

___________________________________

 フランス・アルザス地方には「コンフィチュール・ド・ノエル(フランス  語で、クリスマス・ジャムの意)」というジャムがあります。

 今では一般的になっていますが、私が修業していた「Maison Ferber(メ  ゾン・フェルベール)」のパティシエール、クリスティーヌ・フェルベー  ルさんが、1992年に考え出したものが、最初だそう。

 11/12(土)に放映された、TBSのテレビ番組『世界ふしぎ発見!』に、  クリスティーヌさんが出演された際にも紹介されていました。

  世界ふしぎ発見! フランス 幸せの甘い芸術
   アルザス 知られざるスイーツ・ロードを行く:
   http://www.tbs.co.jp/f-hakken/mystery1207_1.html

 11月からクリスマスにかけてしか販売されない、とてもとても手間の掛か  る貴重なジャム。

 フルーツの取れない冬の時期に、少しずつ作っておいた素材を合わせて作  ります。自家製のドライ洋梨や、ドライクエッチ(プラムの一種)、そし  てカリンのエキスなど、いくつもの材料とスパイスを合わせて煮込みます。

 現地では、フォワグラのテリーヌに添えて食べますが、もちろんバターを  のせたパンとの相性も抜群です。お酒のお供にも。

 私も昨年から「コンフィチュール・ド・ノエル」を作り始めました。夏に  毎年楽しみにしている黒いちじく農家さんに、干しいちじくを作ってもら  います。

 この干しいちじくに出会ったからこそ、クリスマスのジャムを作ることが  可能になりました。

 フランス品種の黒いちじくを自家製ドライフルーツにし、その他カリンの  エキス、ドライレーズン、くるみ、アーモンド、ドライプラム、ドライ杏  などと煮込み、最後に「パン・デピス」と言われるアルザスのミックスス  パイスを加えたら、クリスマス・ジャムの完成です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  6. 今後の料理教室スケジュール
               http://food.runway-jp.com/schedule/
___________________________________

 [ イベント ]

 「映画『しあわせのパン』を体験しよう! パンと料理のワークショップ
                (2011年12月、2012年1月に開催)

  主催:日本パンコーディネーター協会
  協力:映画「しあわせのパン」製作委員会、ブレッドスタイル
  日時:Webサイトをご確認ください。

 [ 料理教室 ]

 「基本のイタリアン

  講師:KEITA
  料金:4,000円
  日時:1/07(土)12:30~14:00 / 14:30~16:00 [白金]
     1/09(月・祝)10:30~12:00 / 12:30~14:00 [麻布]
     1/15(日)10:00~11:30 / 12:00~13:30 [白金]
     1/24(火)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]

 「ランウェイ30分クッキング

  講師:児玉奈央、または KEITA
  料金:4,000円
  日時:1/08(日)10:30~12:00 / 12:30~14:00 [麻布]
     1/10(火)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]
     1/15(日)14:30~16:00 / 16:30~18:00 [白金]
     1/16(月)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]
     1/22(日)10:00~11:30 / 12:00~13:30 [白金]

 「パリの街角・手づくりスイーツ

  講師:久保直子
  料金:お菓子の種類により、各回異なります
  日時:1/08(日)11:00~13:00 / 14:00~16:00 [白金]
     1/09(月・祝)11:00~13:00 / 14:00~16:00 [白金]

 「簡単手づくり生パスタ

  講師:KEITA
  料金:6,000円
  日時:1/08(日)15:00~17:30 [麻布]
     1/29(日)11:00~13:30 [麻布]

 「イタリア・食材使い切りレッスン

  講師:KEITA
  料金:5,500円
  日時:1/09(月・祝)15:00~17:00 [麻布]
     1/18(水)19:30~21:30 [白金]
     1/22(日)15:00~17:00 [白金]

 「旬の食材で作るコンフィチュール

  講師:田中博子
  料金:7,000円
  日時:1/29(日)14:30~17:00 [麻布]
     1/30(月)10:30~13:00 [麻布]

 お申し込みは、予約フォーム、電話、またはメールで。
 (ご予約、キャンセルは、開催日「2日前の18時まで」お受けいたします)

  予約フォーム:http://food.runway-jp.com/forms/yoyaku/
  電話 : 03-5421-7442
  メール : yoyaku@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 直隆
  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ   ければ幸いです。また下記のフォームより弊社までご連絡いただければ、  宛先リストに追加いたしますので、よろしくお願いいたします。

  配信希望フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/newsletter/

 今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望される方に   つきましても、弊社までご連絡いただければ早急に対応いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ
 [ ランウェイの料理教室 | ランウェイのデザインギャラリー ]

 TEL : 03-5421-7442
 FAX : 03-5421-7443
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/