ランウェイ通信 Vol.062


 ランウェイ通信  Vol. 062 | 2011.10.21

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. 11月より「食材使い切り」のレッスンがスタートします!
 2. レッスン連動型ワークショップ形式のイベントを開催いたします。
 3. ayaの東京コレクション日記『Collection 9 - SOMARTA』
 4. 田中博子のお菓子づくりのアイデアメモ『Story 3 - 無印良品』
 5. 今後の料理教室スケジュール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. 11月より「食材使い切り」のレッスンがスタートします!
___________________________________

 料理の「悩み」の一つとして、調理の仕方に自信がないという方が多いか  と思いますが、それと同じくらい「食材が使い切れない」ということも、  悩みに挙げられるかと思います。

 スーパーで購入した、あるいは宅配通販で届いた、新鮮でおいしい食材を  前にして「調理しよう!」と思っても、余ってしまったり、そのまま冷蔵  庫で眠らせていたり、という現状が、一人暮らしの方や、共働きカップル  の方には、ありがちです。

 そういうことが続いてしまうと、この時期おいしそうな「なす」が特売で、  袋いっぱいに売られていても、なかなか手に取れないですし、せっかく始  めた新鮮安全食材の宅配も、荷が重くなってしまいます。

 そこで、「なす」だったら「なす」を使い切れるようにするためのレッス  ンを考えました。

 来月から始まる新しいレッスンは「イタリア・食材使い切りレッスン」で  す。

  イタリア・食材使い切りレッスン:
   http://food.runway-jp.com/course/class-italia-shokuzai-1/

 ネットやテレビ、レシピ本などで、使い切りのレシピは多く取り上げられ  ていますが、「和」の調味料を用いた家庭料理がほとんどです。

 それであれば、調理法をイタリアンにしたら、どんなバリエーションが広  がるでしょうか。

  KEITA(料理人):http://food.runway-jp.com/our-collection/keita/

 今回は料理人 KEITAさんが、普段から手に取りやすい食材を、各回1つピ  ックアップして、その食材をもとに毎回4品ほどご紹介いたします。

 また、レッスン中は先生と皆さんが一緒になって、実習形式で調理してい  くスタイルとなります。

 食材を無駄なく調理するということは、新鮮なうちに加工して、新鮮なう  ちに食べることにつながって、健康にももちろん良いですし、早いうちに  加工することで、保存もききます。

 食材を余らせることもありませんので、もったいなくないですし、結果と  して、食費の節約にもつながるでしょう。

 そういう発見を、レッスンを通じて感じていただきたいと思います。来月  11/7(月)からの開講です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  2. レッスン連動型ワークショップ形式のイベントを開催いたします。
___________________________________

 これまでデモンストレーション形式にて、6回にわたり開催してきました   ランウェイの料理イベント「やっぱり日本食!基本を知ろう」では、主に  「保存食」をご紹介してまいりました。

  イベント一覧:http://www.runway-jp.com/event/

 デモンストレーション形式の良い点は、先生の作り方をじっくりと見て、  メモも取ることができるところです。ですが、ご覧いただいた後、おうち  で実践していただきたいと思っていても、ほとんどの方は毎日のごはんを  考えることで精一杯で、保存食づくりまで手が回らないのが現状かもしれ  ません。

 そこで「結局作れないまま時間が過ぎてしまうことは、どうしてもなくし  たい」という想いを込め、来月は単発で、ワークショップ形式のイベント  を開催いたします。

  ワークショップ形式の保存食イベント:
   http://www.runway-jp.com/event/event-tsukekomi-fruit-1/

 ワークショップは、司会進行を務めるファシリテーターと皆さんが一緒   に作る形式となります。そして、ご自分で作ったものは、そのままおう   ちにお持ち帰りいただけます。

 一人で作ると、調理時間はもちろんのこと、食材、場所、調理器具など、  すべてを一人で確保しなくてはいけないので、面倒ですよね。

 それであれば、ワークショップ形式のイベントに参加いただくことで、作  る時間を自然と確保し、食材、場所、調理道具についてはすべて準備済み  ですので、事前準備を一切することなく、気軽に「保存食づくり」を体験  することができます。

 また、食材や調理道具も、各自で用意するより、皆さんで共有して使うこ  とで、食材コストはもちろんのこと、備品などの見えない費用も抑えられ  ます。

 11/3(祝)、18(金)開催のワークショップでは、「漬け込みフルーツ」  を作ります。企画、そして当日のファシリテーターを担当するのは、食空  間プランナー 里見浩子さんです。

  里見浩子(食空間プランナー):
   http://design.runway-jp.com/our-collection/hiroko-satomi/

 この漬け込みフルーツは、クリスマスの時期に登場するお菓子として有名  な「クグロフ」や「シュトーレン」に使われていますし、マフィン、パウ  ンドケーキ、そしてパンの具材として使うにも便利です。

 そして「クグロフ」と「シュトーレン」のお菓子レッスンは、パティシエ  ール 久保直子さんの「パリの街角・手みやげスイーツ」にて、12月にご   用意しております。

 11月のイベントでご自身で漬け込んだフルーツが、1ヶ月経つとどのよう  に変化するかをご体感いただき、12月には「お菓子にすると、こうなるん  だ!」という応用バージョンを体験しにいらしてください。

  「パリの街角・手みやげスイーツ」:
    http://food.runway-jp.com/course/class-paris-sweets-1/

 もちろんこちらのレッスンは、イベントにお越しいただかなくても、ご参  加いただくことができます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 3. ファッションクリエイター ayaの東京コレクション日記
  『Collection 9 - SOMARTA(ソマルタ)』
         http://design.runway-jp.com/our-collection/aya/

___________________________________

 これまでにいくつかのブランドをご紹介してきましたが、今回は東京ブラ  ンドの中でも、秀でて洗練されたコレクションブランド「SOMARTA(ソ  マルタ)」をご紹介したいと思います。

  SOMARTA:http://www.somarta.jp/

 「ISSEY MIYAKE」で8年間、ニットデザイナーとして勤めていた廣川玉   枝さんが、2006年「SOMARTA」をスタートさせました。

 特徴は、やはりニット。さまざまなニットをベースに、繊細な装飾を施し  て、「SOMARTA」の幻想的な世界を生み出しています。

 「SOMARTA」の語意は、サンスクリット語で「蓬萊の玉の枝から生まれ  出る不老不死の甘露『AMRITA(アムリタ)』と、ラッキーチャームであ  る『SOMA(ソーマ=月・月神・アムリタの別名)』との掛け合わせだそ  うです。

 コレクションの中では、「身体における衣服の可能性」がコンセプトとな  る「skin」シリーズ、無縫製編機によるボディニットが作り出されていま  す。

 柄の美しさはもとより、身体のラインやパターンの表現を計算し、プログ  ラミングにより、編み設計がされています。

 コレクションは「ストーリーを作り、服、音楽、映像などを加えて、初め  てソマルタの服が完成する」とデザイナー廣川さんは言われているように、  コレクションを見ると、強いインパクトを受けます。

 「2007 Spring/Summer」にてコレクションデビューを果たし、2007
 年、第25回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。ニットの  全身タイツで話題になりました。

 ここまでの紹介ですと、実用性がないのでは、と思っていらっしゃる方も  いるかと思いますが、一つひとつのアイテムは実用的であり、とてもフェ  ミニンで、美しい洋服を展開しております。

 今シーズンのテーマは「metamorphosis」。植物が時間の経過とともに変  化していく様子を、フォルムや素材、加工などで表現しています。花がつ  ぼみから枯れるまで、みの虫が蝶として羽ばたくまでなど、一連の流れを  表したコレクションです。

 ウールコートに枯葉をイメージしたレースを重ね、アシンメトリーの生地  を重ねたドレスのフォルムは、形を崩し始めた花をイメージしています。

 レース使いやシフォンからフェミニンな印象、フォルムからはクラシカル  な印象、どちらもとても女性的なイメージを受けますが、肩章などのミリ  タリーなディテールが強さを与えてくれます。

 自分の気に入る一着の服を探すのだけではなく、コレクションそのものの  ストーリーを覗いてみてはいかがでしょうか。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 4. パティスリークリエイター 田中博子のお菓子づくりのアイデアメモ
  『Story 3 - 無印良品(キッチン用品)』
     http://food.runway-jp.com/our-collection/hiroko-tanaka/

___________________________________

 お菓子づくりをする上で、プロ仕様の道具を取り入れることにより、より  便利になるものもありますが、身近で購入できるキッチン用品の中でもオ  ススメはあります。

 おそらく多くの方には身近なショップ「無印良品」には、見た目はもちろ  んオシャレで、機能的なキッチン用品が揃っています。今回その中でも、  特に私が愛用しているものをご紹介します。

  無印良品「キッチン用品・食器」:
   http://www.muji.net/store/cmdty/section/T20014

 一つ目は、スポンジ状のシートが2枚入っている「セルロースシート」。

 シートを小さく切って、ジャムを瓶に詰める際に使用しています。こちら  で、瓶のふちをきれいに拭き取り、瓶のフタを閉めます。

 二つ目は、やはりジャムがらみですが「シリコーンジャムスプーン」。

 シリコンの柔らかさもよく、スリムなフォルムは使いやすい大きさです。  同じシリコーンツールから、あと1つお気に入りがありますので、ご紹介   いたします。

 黒色で見た目もよく、使いやすい大きさの「シリコーンはけ」。

 シリコーンのはけは、他のところでもいろいろと出ていますが、黒色のも  のはあまり見かけません。見た目もかっこよいですし、シリコーンは衛生  的ですので、安心して使えます。

 そして最後にご紹介するものは「ステンレス茶こし」です。

 紅茶を入れる時以外にも、網の目の大きさが、お菓子に粉砂糖をふる際に  もちょうどよいので、毎日活躍しています。見た目もシンプルで、私好み  です。

 もしかしたら、これが一番のお気に入りかもしれません。フックにかけて  収納しますと、邪魔にもならない大きさですので、ちなみに私は5個も所   有。用途によって使い分けています。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  5. 今後の料理教室スケジュール
               http://food.runway-jp.com/schedule/
___________________________________

 [ イベント ]

 「自分好みの漬け込みフルーツを作ろう」(2011年11月に開催)

  ファリシテーター(司会進行役):里見浩子
  料金:「ランウェイの料理教室」会員 2,000円、一般 3,000円
     ※ 当レッスンは、フルーツ代その他材料費が別途必要となります
  日時:11/03(木・祝)14:00~16:00 [白金]
     11/18(金)19:00~21:00 [白金]

 [ 料理教室 ]

 「ランウェイ30分クッキング」(2011年10月より開講)

  講師:児玉奈央、または KEITA
  料金:4,000円
  日時:10/24(月)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]
     10/30(日)10:00~11:30 / 12:00~13:30 [白金]
     11/05(土)10:00~11:30 / 12:00~13:30 [白金]
     11/08(火)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]
     11/16(水)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]

 「イタリア・食材使い切りレッスン」(2011年11月より開講)

  講師:KEITA
  料金:5,500円
  日時:11/07(月)19:30〜21:30 [白金]
     11/13(日)15:00~17:00 [麻布]
     11/15(火)19:30~21:30 [白金]

 「基本のイタリアン

  講師:KEITA
  料金:4,000円、お酒をご希望の方は 4,500円
  日時:10/27(木)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]
     11/06(日)10:00~11:30 / 12:00〜13:30 [白金]
     11/09(水)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]
     11/12(土)10:00~11:30 / 12:00~13:30 [白金]
     11/14(月)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]

 「簡単手づくり生パスタ

  講師:KEITA
  料金:平日 5,000円、土日祝 6,000円
  日時:10/29(土)11:00~13:30 [白金]
     11/13(日)11:00~13:30 [麻布]
     11/23(水・祝)15:00~17:30 [麻布]

 「はじめてのワインレッスン

  講師:清水紫織
  料金:5,000円
  日時:10/30(日)14:30~16:30 - 第3回 [麻布]
     11/06(日)14:30~16:30 - 第4回 [麻布]
     11/12(土)14:30~16:30 - 第4回 [麻布]

 「旬の食材で作るコンフィチュール

  講師:田中博子
  料金:7,000円
  日時:11/19(土)12:00~14:30 [白金]

 「お菓子のキホン "ひんやり冷菓を学んでみよう!"

  講師:田中博子
  料金:5,500円
  日時:11/19(土)15:30~17:30 [白金]

 「パリの街角・手づくりスイーツ

  講師:久保直子
  料金:お菓子の種類により、各回異なります
  日時:11/12(土)15:00~17:00 [白金]
     11/13(日)12:00~14:00 / 15:00~17:00 [白金]
     11/23(水・祝)13:00~15:00 / 16:00~18:00 [白金]

 お申し込みは、予約フォーム、電話、またはメールで。
 (ご予約、キャンセルは、開催日「2日前の18時まで」お受けいたします)

  予約フォーム:http://food.runway-jp.com/forms/yoyaku/
  電話 : 03-5421-7442(9/1から変更になりました)
  メール : yoyaku@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 直隆
  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ   ければ幸いです。また下記のフォームより弊社までご連絡いただければ、  宛先リストに追加いたしますので、よろしくお願いいたします。

  配信希望フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/newsletter/

 今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望される方に   つきましても、弊社までご連絡いただければ早急に対応いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ
 [ ランウェイの料理教室 | ランウェイのデザインギャラリー ]

 TEL : 03-5421-7442(9/1から変更になりました)
 FAX : 03-5421-7443
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/