ランウェイ通信 Vol.060


 ランウェイ通信  Vol. 060 | 2011.09.16

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. 今度は、きのこの保存食と和風、洋風アレンジが学べます!
 2. 「和栗のお菓子」レッスンは、今月末開催です。
 3. ayaの東京コレクション日記『Collection 8 - YLANG YLANG』
 4. 田中博子のお菓子づくりのアイデアメモ『Story 2 - Flying Saucer』
 5. 今後の料理教室スケジュール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. 今度は、きのこの保存食と和風、洋風アレンジが学べます!
___________________________________

 毎月恒例となっている、保存食作りのイベント「やっぱり日本食! 基本を  知ろう」では、季節の食材、こだわりの調味料を使って、保存食の作り方  をお教えしています。

 新鮮で、旬のおいしい食材を毎回ピックアップし、イベントの内容を企画  しているのが、食空間プランナー 里見浩子さん。

  里見浩子(食空間プランナー):
   http://design.runway-jp.com/our-collection/hiroko-satomi/

 先月は、長崎にある農家さんから取り寄せた無農薬の「青唐辛子」と「青  柚子」を使い、「柚子こしょう」を作りました。

 また、保存料などは一切使わず、皆さんの目の前で仕上げいますので、安  心してお召し上がりいただけます。

 レッスン後には、見た目にもきれいな、鮮やかな緑色の柚子こしょうとと  もに、ご希望の方には、新鮮な青唐辛子と青柚子もお分けしました。

 保存食の良いところは、旬の食材を一番おいしい状態で「保存」しておく  ことができ、他の調味料同様、使いたい時にサッと活用できること。短時  間で、健康的な一品を作ることができ、献立に困ったときにも便利ですね。

 毎回本格的で、身体に優しいお料理を教えてくださっているのは、フード  スタイリスト/フードコーティネーターの前田智美さん。

 前田さんは現在妊婦さんで、近々ご出産予定ですので、大きなお腹でイベ  ントを担当しており、今月が産休前最後となります。

 4月には復帰予定ですので、お母さんになって、さらにパワーアップして   戻ってこられる予定ですが、産休前最後のこの機会に、ぜひ皆さん遊びに  いらしてくださいね。

 今回のテーマは、秋らしく「きのこ」を使った「秋の味覚 きのこづくし   の保存食」。9/30(金)の夜と、10/2(日)午後の開催です。

 さまざまな種類のきのこをたっぷりと使った保存食「塩きのこ」と「きの  こペースト」をお教えします。

  やっぱり日本食! 基本を知ろう:
   http://www.runway-jp.com/event/event-nihon-shoku-1/

 レッスンでは毎回好評の「和風」と「洋風」のアレンジ料理もお楽しみに  なさってください。

 ちなみに前回の柚子こしょうの回では、「豆乳チキンヌードル」と「にん  じんとオレンジの柚子こしょうサラダ」。どちらも短時間でできて、おい  しかったのですが、特に豆乳ヌードルが大好評でした。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  2. 「和栗のお菓子」レッスンは、今月末開催です。
___________________________________

 秋のおいしい食材は、これからいろいろと出てきますが、お菓子にも使わ  ている旬の食材は、何と言っても「栗」ではないでしょうか。

 現在発売中の雑誌『giorni 2011 AUTUMN』では、日本で作られている、  この季節だけの楽しみ、「和栗」を使ったお菓子をパティスリークリエイ  ター 田中博子さんがご紹介しています。

  『giorni』(実業之日本社):http://giorni.jp/

 昨年のこの季節に開催しました「旬の食材で作るコンフィチュール」レッ  スンでも、和栗をピックアップしてお教えしましたが、今年もその季節が  やってきました。

   旬の食材で作るコンフィチュール:
    http://food.runway-jp.com/course/regular-confiture-1/

 今年、9/24(土)開催のレッスンではさらに進化して、『giorni』でもご  紹介している「和栗と野バラの実のモンブラン」をお教えします。

 栗のジャムを作る工程を応用して、栗のクリームを作り、このクリームが  モンブランのベースとなります。

 見た目は、お菓子屋さんで見かけるモンブランとは全然違っています。作  り方はシンプルなので、おうちお菓子向き。レッスンだからこそ、お出し  できるスタイルのモンブランです。

 扱いが大変なイメージのある栗ですが、スプーンを使って実を掻き出す方  法をご紹介しますので、とても簡単です。多めに作っておいて、冷凍保存  をしておくこともできますよ。

 このモンブランは、絶品です。栗のクリーム、野バラの実のコンフィチュ  ール、そして生クリームの相性の良さを味わってみてください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 3. ファッションクリエイター ayaの東京コレクション日記
  『Collection 8 - YLANG YLANG(イランイラン)』
         http://design.runway-jp.com/our-collection/aya/

___________________________________

 こんにちは。ayaです。今回は「YLANG YLANG(イランイラン)」をご   紹介します。

  YLANG YLANG:http://www.ylangylang-div.com/

 このブランドは、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。「YLANG
 YLANG」の服を一言で表すと、女性をさらに女性にしてくれる服でしょう
 か。

 「YLANG YLANG」はインドネシア語で「花々の中の花」といった意味を  持つ花の名前です。この花から抽出された香料は、アロマテラピーで広く  使用され、エキゾチックで、官能的な香りを持っています。

 この香りが持つ不思議な力を洋服で表現し、着る人それぞれが潜在的に持  つ力を呼び覚ますような、心地よい刺激をしたい、との願いでモノ作りを  しています。

 素材にもこだわり、やはり女性らしさを感じさせるようなデザインを心が  けているそうです。

 昨年10月にデザイナー青柳龍之亮さんが退任され、山縣絵真さんがチーフ  デザイナーに就任しました。今シーズンはデザイナー交代後初のコレクシ  ョンです。今までの「YLANG YLANG」と、新しい「YLANG YLANG」を、  ぜひ見比べてみてくださいね。

 今シーズン(2011-12aw)のテーマは「Kinetic Beauty」。自由と解放が  謳われた1920年代をイメージして、紳士・淑女たちの昼と夜の顔を、現   代のリアルクローズへと落とし込んでいます。

 ラメを織り込んだジャガード生地や、放つ光が変化するサテン地などを使  用し、「動」と「静」の変化がある服を創造。

 着るものの動きが伴った時に、最もその服を美しく見せることを追求して  います。まさに「Kinetic Beauty = 動的な美」なんですね。

 実際に今シーズンのコレクションを見てみると、クラシカルな印象を受け  ました。どの服も、コーディネートの主役になりそうな洗練されたデザイ  ンですが、主張しすぎないシンプルさも持っているので、いろんな方に好  んでいただけると思います。

 皆さんも、秋に着たい一着を「YLANG YLANG」で探してみてはいかがで  しょうか。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 4. パティスリークリエイター 田中博子のお菓子づくりのアイデアメモ
  『Story 2 - Flying Saucer(お菓子づくりに向いているお鍋)』
     http://food.runway-jp.com/our-collection/hiroko-tanaka/

___________________________________

 お菓子づくりには、ボウルやホイッパーだけでなく、「お鍋」が必要な場  面が結構あります。

 家庭では少量の材料を火にかけるとき、お鍋の大きさと中に入れる分量が  合っていないと失敗したりするので、サイズ選びも重要です。

 私のお勧めのお菓子づくりに最適なお鍋は、フライングソーサーのオリジ  ナルのもの。

  フライングソーサー:http://www.flyingsaucer.co.jp/

 一つは、朝にミルクティーを作るために大活躍の「ミルクパン」。

 二つ目は、アングレーズソース(卵黄、牛乳、砂糖に、バニラビーンズ、  またはバニラエッセンスを合わせて火にかけ、トロリとなるまで加熱した  洋菓子用のソース)などを作る際に活躍する「15cmの片手鍋」。

 そして、私の一番のお気に入りは「12cmの片手鍋」。

 生クリームや牛乳、それからレモンクリームなどは、とても焦げやすいで  すよね。火にかけた途端に、チリチリと音がして焦げついて、そして洗う  のもとても大変だったりします。

 フライングソーサーのオリジナルは、機能性はもちろんのこと、見た目も  スタイリッシュです。両方の条件を兼ね備えたお鍋は、そうそうないと思  います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  5. 今後の料理教室スケジュール
               http://food.runway-jp.com/schedule/
___________________________________

 [ イベント ]

 「やっぱり日本食! 基本を知ろう

  講師:前田智美
  企画:里見浩子
  料金:3,500円
  日時:9/30(金)19:00~21:00 [麻布]
     10/2(日)14:00~16:00 [白金]

 [ 料理教室 ]

 「簡単手づくり生パスタ

  講師:KEITA
  料金:平日 5,000円、土日祝 6,000円
  日時:9/18(日)11:00~13:30 [麻布]

 「はじめてのワインレッスン

  講師:清水紫織
  料金:5,000円
  日時:9/19(月・祝)15:00~16:30 - 泡の会 [麻布]
     9/25(日)15:00~17:00 [麻布]

 「パリの街角・手づくりスイーツ

  講師:久保直子
  料金:7,000円
  日時:9/23(金・祝)11:00~13:30 - スペシャル [白金]
     10/08(土)11:00~13:30 [白金]
     10/23(日)11:00~13:30 [白金]

 「旬の食材で作るコンフィチュール

  講師:田中博子
  料金:7,000円
  日時:9/24(土)12:00~14:30 [麻布]

 「お菓子のキホン "ひんやり冷菓を学んでみよう!"

  講師:田中博子
  料金:5,500円
  日時:9/24(土)15:30~17:30 [麻布]

 「基本のイタリアン

  講師:KEITA
  料金:4,000円、お酒をご希望の方は 4,500円
  日時:9/29(木)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]
     10/01(土)10:00~11:30 / 12:00〜13:30 [白金]
     10/12(水)10:00~11:30 / 12:00~13:30 [白金]
     10/16(日)10:00~11:30 / 12:00~13:30 [白金]
     10/27(木)18:00~19:30 / 20:00~21:30 [白金]

 「デビュタントのお菓子レッスン

  講師:久保直子
  料金:5,500円
  日時:10/08(土)14:30~17:00 [白金]
     10/23(日)14:30~17:00 [白金]

 お申し込みは、予約フォーム、電話、またはメールで。
 (ご予約、キャンセルは、開催日「2日前の18時まで」お受けいたします)

  予約フォーム:http://food.runway-jp.com/forms/yoyaku/
  電話 : 03-5421-7442(9/1から変更になりました)
  メール : yoyaku@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 直隆
  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ   ければ幸いです。また下記のフォームより弊社までご連絡いただければ、  宛先リストに追加いたしますので、よろしくお願いいたします。

  配信希望フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/newsletter/

 今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望される方に   つきましても、弊社までご連絡いただければ早急に対応いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ
 [ ランウェイの料理教室 | ランウェイのデザインギャラリー ]

 TEL : 03-5421-7442(9/1から変更になりました)
 FAX : 03-5421-7443
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/