ランウェイ通信 Vol.045


 ランウェイ通信  Vol. 045 | 2011.02.25

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. 会社に「日本酒のレッスン」がやってくる!
 2. 先週久保さんは、パティシエの先生になりました。
 3. ayaの東京コレクション日記『Collection 2 - Kaon』
 4. Kaoriのミニミニコラム『1行レシピ - ブロッコリー』
 5. 今後の料理教室スケジュール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. 会社に「日本酒のレッスン」がやってくる!
___________________________________

 今月は、きき酒師の大西美香さんがランウェイのスタジオを飛び出して、  日本を代表する商社様にて、講師を務めてまいりました。

  大西美香(きき酒師):
   http://food.runway-jp.com/our-collection/mika-ohnishi/

 テーマは「世界で飲まれている日本酒」。社員同士の親睦を図ることを目  的に設立された「三菱商事クラブ様」主催による「日本酒きき酒の会」で  す。

 クラブ委員会様向けにご提案させていただいたこちらのテーマに対して、  社内で募集をしていただいたところ、定員50名様に対して、なんと「5倍」  の応募が!

 その後は、当選された方々の所属する部署や男女構成、そして年代などを  考慮しながら、皆さまが期待されるであろうレッスン内容を、クラブ委員  の方々と当日まで検討し、地酒を厳選いたしました。

 こうしてコミュニケーションを取りながら、ご要望に合わせたご提案がで  きる点が、ランウェイの「オーダーメイドレッスン」の良いところ。

 日頃から、海外の方と接する機会も多い社員様のために、日本酒の基礎知  識や、酒造りの地方の風土、そして原料となるお米についてもレクチャー。  もちろんご紹介した4種類のお酒について、お燗を含めたテイスティングも  ご堪能いただきました。

 そして会の最後には、「勉強することで、さらに美味しく味わえることを  知る良い機会になった」「知識は生活を豊かにすると思った」などのお声  をいただくことができ、大西さんも大感激でした。

 今後もこうした企画、運営をお手伝いさせていただけるよう「オーダーメ  イドレッスン」のご提案をしていきたいと思っています。これまでの開催  例も、ぜひご参考になさってください。

  オーダーメイドレッスン:http://food.runway-jp.com/ordermade/

 また昨年、北海道から始まった大西さんのレッスン「北から南へ日本縦断  きき酒の会」は、現在中部地方まで南下してきました。

  北から南へ日本縦断 きき酒の会:
   http://food.runway-jp.com/course/class-kiki-sake-1/

 今月行ったレッスンでは、大西さんおすすめの一品として、酒粕と味噌に、  あっと驚く調味料を加えた「鶏肉の酒粕みそ焼き」をデモンストレーショ  ン。

 そして、ご紹介したお酒の蔵元が「ぜひともお酒に合わせてほしい!」と  いう「トマトのサラダ」もお出しし、日本酒と料理の組み合わせも楽しん  でいただきました。

 今後も趣向をこらしてまいります。次回の「三重 & 岐阜 編」は、3月19日  (土)での開催です!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  2. 先週久保さんは、パティシエの先生になりました。
___________________________________

 2月は、フード関連のイベントや展示会が目白押し。

  フードイベント:
   http://food.runway-jp.com/information/food-event/

 ランウェイの料理教室で、お菓子のレッスン「パリの街角・手みやげスイ  ーツ」を担当しているパティシエール 久保直子さんは、「モバックショー  2011」の会場で、4日間デモンストレーションを行っていました。

  久保直子(パティシエール):
   http://food.runway-jp.com/our-collection/naoko-kubo/

 モバックショーの正式名称は「国際製パン製菓関連産業展」。パンとお菓  子業界のための専門展ですので、さまざまな製菓用品、原材料が一堂に展  示されます。

  モバックショー 2011:http://www.mobacshow.com/

 久保さんは、プロフェッショナル向けの機械を扱うルーツ貿易さんのブー  スにて、一押し商品であるドイツ・レゴー社製の洋菓子専用ミキサーの実  演。

  ルーツ貿易:http://www.e-roots.co.jp/

 見学されていた多くの男性パティシエ、お菓子屋さんを前に「共立てスフ  レロール生地」と「ブッセ」というフランス菓子を作りながら、他社製の  ミキサーで作る生地との違いを説明し、もちろん試食も。中には、東京ミ  ッドタウンにお店を出されている、創作和食の有名シェフの姿も見受けら  れました。

 久保さんのデモンストレーションの特徴は、見ている方にどんどん話しか  け、意見交換をしながら実演を進めるところでしょう。そして、何よりも  本人が楽しそう!

 次回、3月13日(日)のレッスンでは、モバックショーで久保さんが手に  入れたミニクグロフ型を使って、「ビスキュイ・ド・サヴォワ」(フラン  ス・サヴォワ地方を起源とするスポンジ生地)をお教えします。

  パリの街角・手みやげスイーツ:
   http://food.runway-jp.com/course/class-paris-sweets-1/

 他には「パート・ド・フリュイ」(フルーツのピューレを固めたゼリー)  を作ります。久保さんがパリのレストランで実際に作っていた「パイナッ  プルピューレとココナッツミルク」にしようか、「ベリー系果汁とお花の  エッセンス」にしようか、あるいは、旬の果物を使って「いちごとベルベ  ーヌ」の味にするか、などなど現在検討しております。

 日持ちのするお菓子ですので、手みやげにもぴったり。また作りたては、  市販のものとはひと味違うおいしさなので、ぜひお楽しみに。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 3. ファッションクリエイター ayaの東京コレクション日記
  『Collection 2 - Kaon(カオン)』
     http://design.runway-jp.com/our-collection/aya/

___________________________________

 こんにちは。ランウェイのデザインギャラリーに所属する「darners agree  ment」のayaです。第2回は「Kaon」をご紹介いたします。

 「Kaon」の商品は、最近多くのセレクトショップで取り扱いがあるので、  ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

 2003年に、デザイナーの米山薫さんが立ち上げたブランドです。その名の  「Kaon」とは、フランス語で中性分子の記号の意味。

 「年齢にとらわれず、着る人の個性と服で、ミックス感のあるコーディネ  ートが楽しめるように」という思いが込められているそうです。

 フェミニンでありながら、シンプルな要素を持っているので、どのような  コーディネートにも合わせやすく、また「Kaon」の服を一着プラスするだ  けで、女性らしい雰囲気が生まれる気がします。

 「RELAX, RESORT, FLOWER,」

 これが、2011年 Spring & Summer のコンセプト。「都会でもリゾートに  いる気分になるような、着ていて気持ちの上がるアイテム」をイメージさ  れているようです。

 みなさんは「リゾート」という言葉を聞いて、どんな風景をイメージする  でしょうか?

 きっと人それぞれ違うと思いますが、第1回でご紹介した「MUVEIL」も   今期のシーズンコンセプトに「リゾート」を取り入れています。

 みなさんが違うイメージを持つように、この2つのブランドも、イメージの  違うデザインをしています。見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

 定番のパールモチーフのシリーズは、今期はリネン素材のドット柄ニット  です。小さな粒のパールで、リボンのモチーフを作っていました。

 また、上品なイメージのパールですが、リネンと合わせることによって、  少しナチュラルになり、合わせられる洋服も増えそうです。

 しっかり厚みもあるので、今の時期から初夏まで着られて、重宝するアイ  テムになること間違いなしです。ぜひご覧になってみてください。

  Kaon:http://kaonjp.com/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 4. 料理研究家 Kaoriのミニミニコラム『1行レシピ - ブロッコリー』
          http://food.runway-jp.com/our-collection/kaori/

___________________________________

 この時期に出てくるブロッコリーは、甘みと栄養がたっぷり。

 葉酸とビタミンが豊富なお野菜は、女性にとってはたっぷり取りたいお野  菜ですね!

 ・ブロッコリーだらけのサラダ
   (旬の野菜はこれだけでも美味しい、ちょっとしたおつまみに!)
  「硬めに茹でたブロッコリーを、にんにく、オリーブ油、アンチョビで    炒めます」

 ・あさりとブロッコリーの旨煮
   (あさりのだしがブロッコリーに染みます、パスタと絡めてもOK)
  「にんにくと白ワインで酒蒸ししたあさりに、茹でたブロッコリーと、    こしょうを加えます」

 ・ブロッコリーのゴマ和え
   (ごまの風味が、ブロッコリーとバッチリ合います)
  「茹でたブロッコリーとエリンギを、すりごま、砂糖、しょう油と和え    たら完成!」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  5. 今後の料理教室スケジュール
               http://food.runway-jp.com/schedule/
___________________________________

 「男のキホン料理」(男性限定)

  講師:Kaori
  料金:4,000円
  日時:3/20(日)13:30~15:30

 「男の和・洋・中」(男性限定)

  講師:Kaori
  料金:5,500円、お酒をご希望の方は 6,000円
  日時:3/20(日)11:00~13:00

 「季節を感じる "15分ごはん"

  講師:Kaori
  料金:5,500円
  日時:3/20(日)16:00~18:30

 「簡単手づくり生パスタ

  講師:KEITA
  料金:平日 5,000円、土日祝 6,000円
  日時:3/12(土)11:00~13:30
     3/16(水)19:00~21:00

 「KEITA先生と"ヴィーノ・イタリアーノ"

  講師:KEITA
  料金:7,000円
  日時:3/23(水)19:15~21:30

 「北から南へ日本縦断 きき酒の会

  講師:大西美香
  料金:5,500円
  日時:3/19(土)15:00~17:00
     4/16(土)15:00~17:00

 「パリの街角・手づくりスイーツ

  講師:久保直子
  料金:7,000円
  日時:3/13(日)12:00~15:00

 「旬の食材で作るコンフィチュール

  講師:田中博子
  料金:7,000円
  日時:4/02(土)12:00~14:30
     6/25(土)12:00~14:30

 「お菓子のキホン "パイ生地を学んでみよう!"

  講師:田中博子
  料金:5,500円
  日時:4/02(土)15:30~17:30
     6/25(土)15:30~17:30

 お申し込みは、予約フォーム、電話、またはメールで。
 (ご予約、キャンセルは、開催日「2日前の18時まで」お受けいたします)

  予約フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/yoyaku/
  電話 : 03-5418-4455
  メール : yoyaku@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 直隆
  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ   ければ幸いです。また下記のフォームより弊社までご連絡いただければ、  宛先リストに追加いたしますので、よろしくお願いいたします。

  配信希望フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/newsletter/

 今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望される方に   つきましても、弊社までご連絡いただければ早急に対応いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ
 [ ランウェイの料理教室 | ランウェイのデザインギャラリー ]

 TEL : 03-5418-4455
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/