ランウェイ通信 Vol.026


 ランウェイ通信  Vol. 026 | 2010.05.28

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. 山内裕樹さんの「仕事場拝見」。
 2. 「きき酒地図」ができました!
 3. きき酒師の酒日記『全国縦断、今週の一杯』
 4. Kaoriのミニミニコラム『1行レシピ』
 5. 今後の料理教室スケジュール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. 山内裕樹さんの「仕事場拝見」。
___________________________________

 ランウェイでオーダーメイドの料理教室を担当している、山内裕樹さんは、  毎日オーバーオールを着ながら、仕事をしています。

  山内裕樹:
   http://food.runway-jp.com/our-collection/yuki-yamauchi/

 というのも、仕事場の名前がカフェ「OVERALL(オーバーオール)」な   のだから。山内さん以外のスタッフも、みなオーバーオール姿です!

 東京・港区海岸の日の出桟橋近くにあるこのお店は、産経新聞の印刷工場  をコンバージョン(用途転換)して、新しく生まれ変わったオフィス・商  業複合施設「TABLOID(タブロイド)」の中にあります。

  TABLOID:http://www.tabloid-tcd.com/

 3月よりプレオープン。コンバージョンの最新事例として、雑誌などの媒   体にも取り上げられていたので、すでにご存知の方もいらっしゃるかもし  れません。またこの度、5/11(火)にグランドオープンを迎え、その全貌  が明らかになりました。

 「タブロイド」という名前は、この印刷工場にて昭和44年から平成20年   までの間、「産経新聞」や日刊タブロイド紙の「夕刊フジ」を印刷してい  たところから付けられました。

 そして、山内さんの働く「オーバーオール」は、ロンドンやニューヨーク  にある工場の食堂をテーマにしていることから、この名が付けられたそう。

 山内さんが勤務する株式会社シンクグリーンプロデュースが、この施設の  ブランディング・オペレーションを担当しており、現在山内さんは、フー  ドディレクターとして、このお店のメニュー開発や品質管理、そして厨房  スタッフの育成に携わっています。

 手頃なビストロ料理をベースに、オレゴン産の珍しいワインや、焼酎も扱  う「オーバーオール」。

 開放的なデッキでも、山内さんの料理を味わうことができますので、湾岸  エリアにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

 これからの季節、海風を感じながら、さわやかなひと時を過ごせますよ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  2. 「きき酒地図」ができました!
___________________________________

 毎回ご好評いただいております、きき酒師 大西美香さんによる「北から南  へ日本縦断 きき酒の会」は、ようやく関東地方にやってまいりました。

 ご参加される皆さんが、いつも様々なおつまみをお持ち寄りくださって、  「どういうおつまみなのか」「どこで購入できるか」など話が盛り上がる  ため、必ずレッスン時間をオーバーしてしまいます。

 前回の「山形 & 新潟 編」では、生徒さんが山形県アンテナショップにて、  購入してきてくださった「ふきのとう味噌」が大人気でした。

  おいしい山形プラザ:http://oishii-yamagata.jp/

 次回、6月5日(土)は「栃木 & 群馬 編」です。おつまみ持参は、もちろ  ん必須ではありませんので、皆さまお気軽にご参加ください!

 さて、この度きき酒の会のページに「きき酒地図」をご用意いたしました。

  北から南へ日本縦断 きき酒の会:
   http://food.runway-jp.com/course/class-kiki-sake-1/

 開催された都道府県をクリックしていただきますと、大西さんがこれまで  厳選し、レッスンにてご紹介した日本酒を見ることができます。

 また、表示される酒瓶やラベルをクリックしますと、蔵元さんのサイトの  トップページにリンクしますので、お酒の詳しい特徴や、同じ蔵元さんで  も、他にどのようなお酒を造っているのか、参考にされると良いかと思い  ます。

 さらに、次回の開催予定地には、旗が立っていますので、いまレッスンが  どこまで南下して来ているのか、一目で確認できます。

 これまでレッスンで取り上げた日本酒を、日本地図上で見ると、また違っ  た発見があります。ぜひご活用ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3. きき酒師 大西美香の酒日記
  『全国縦断、今週の一杯
       - 秋鹿 特別純米酒 稲穂(大阪府、秋鹿酒造)』
     http://food.runway-jp.com/our-collection/mika-ohnishi/

___________________________________

 前回のランウェイ通信では、春の陽気に合わせて、屋外で飲んで頂きたい  発泡酒をご紹介しましたが、それから気候が一転、雨が多く、肌寒いお天  気が続きましたね。

 そんな時には、雨音を聴きながら、おうちでゆっくり楽しんで頂ける、こ  ちらのお酒「秋鹿 特別純米酒 稲穂」を。

 秋鹿酒造さんは全量純米酒のお蔵で、蔵元自ら米作りを行っていらっしゃ  います。なるべく農薬を使用せずに、肥料も抑えることによって、米本来  の力を引き出すのだそうです。

 毎日、毎日、田んぼへ通い、蔵元自ら汗水流して、愛情込めて作られた米  を使ったお酒。美味しくない訳がありません。

 純米、純吟、純大といった米の磨き違いから、生、原酒、熟成酒など色々  な種類のお酒を造っていますが、どれも外れがなく、そのボリュームのあ  る味わいから、和食以外の中華や、イタリアンと合わせても抜群です。

 今回はその中でも、雨の季節に合う、燗向きの特別純米酒をご紹介します。

 こちらは山田錦を使用した無濾過の特別純米で、アルコールが14~15度と  抑え目になっているので、飲み飽きしない、優しい味わいとなっています。

 口に含むと、酸をうっすらと感じる柑橘系の香りがし、そこに蔵元が丹精  込めて育てた、米の旨味が控えめにのってきます。秋鹿さんの他の銘柄は、  高酸度で厚みのある、かなりインパクトを感じる味わいが多いのですが、  こちらは加水をしていることにより、大分飲みやすくなっています。

 冷たい雨が降る中、この「稲穂」を人肌燗「36~37度位」に燗付けして、  ゆったりとおうちで愉しむ。なんだか雨が待ち遠しくなるような気さえし  ます。

 またこちらのお蔵は、限定本数の純米吟醸「へのへのもへじ」という銘柄  も作っていらっしゃいます。取扱店が決まっている貴重な品なので、もし  どこかで出逢う機会がありましたら、是非召し上がってみて下さい。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4. 料理研究家 Kaoriのミニミニコラム『1行レシピ - トマト』
          http://www.runway-jp.com/our-collection/kaori/

___________________________________

 グルタミン酸を多く含むトマトは、生ではもちろん、煮込むとさらに旨味  が倍増!

 萼(がく)がみずみずしく、皮に張りがあるものを選びましょう。

 ・トマトのフローズンドリンク
   (オレンジの甘みがトマトの臭みを隠し、トマトが苦手な方も大丈夫)
  「薄皮をむいたトマトに、氷、砂糖、オレンジジュースを加えたら、ミ    キサーにかけて、どうぞ!」

 ・トマトのオムレツ
   (お弁当にもぴったりな一品は、カラフルな色に仕上げましょう)
  「卵に角切りにしたトマト、バジル、塩、こしょう、牛乳と混ぜ、熱し    たフライパンで両面を焼きます」

 ・お手軽サルサ
   (夏にぴったりなサルサソースは、もちろんサラダ感覚でどうぞ!)
  「みじん切りの玉ねぎと、細かく切ったトマトときゅうりに、塩、こしょ    う、砂糖、タバスコを加えて、完成!」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  5. 今後の料理教室スケジュール
               http://www.runway-jp.com/schedule/
___________________________________

 「コトコトおうちゴハン

  講師:Kaori
  料金:5,500円
  日時:6/23(水)19:30~21:30
     6/27(日)11:30~13:30

 「天然酵母のパンづくり

  講師:Kaori
  料金:5,000円
  日時:6/06(日)15:00~17:00

 「男のキホン料理(男性限定)

  講師:Kaori
  料金:4,000円
  日時:6/05(土)11:00~13:00
     6/06(日)11:00~13:00
     6/09(水)20:00~22:00

 「お酒に合う男の料理」(女性のご参加も可)

  講師:Kaori
  料金:6,000円
  日時:6/05(土)18:00~20:30

 「北から南へ日本縦断 きき酒の会

  講師:大西美香
  料金:5,500円
  日時:6/05(土)15:00~17:00

 「ソムリエによるワインテイスティングの会

  講師:山田武善
  料金:5,500円
  日時:7/24(土)16:00~18:00

 お申し込みは、予約フォーム、電話、またはメールで。
 (ご予約、キャンセルは、開催日「2日前の18時まで」お受けいたします)

  予約フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/yoyaku/
  電話 : 03-5418-4455
  メール : yoyaku@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 直隆
  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ   ければ幸いです。また下記のフォームより弊社までご連絡いただければ、  宛先リストに追加いたしますので、よろしくお願いいたします。

  配信希望フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/newsletter/

 今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望される方に   つきましても、弊社までご連絡いただければ早急に対応いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ | ランウェイの料理教室

 TEL : 03-5418-4455
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/