ランウェイ通信 Vol.024


 ランウェイ通信  Vol. 024 | 2010.04.23

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. Kitchen x cuoca スペシャルコラボイベント
 2. 「ととけん」ってご存知ですか?
 3. きき酒師の酒日記『全国縦断、今週の一杯』
 4. Kaoriのミニミニコラム『1行レシピ』
 5. 今後の料理教室スケジュール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. Kitchen x cuoca スペシャルコラボイベント
___________________________________

 総合ポータルサイトのexcite(エキサイト)さんが発信されている、パン  とお菓子のレシピポータル「Kitchen(キッチン)」。

  Kitchen:http://kitchen.woman.excite.co.jp/

 こちらでは、料理家、人気料理ブロガーさんによるレシピの掲載のみなら  ず、こだわり食材や調味料をネットで販売されていたり、読者の方向けに  リアルなイベントも主催されています。

 こちらの「Kitchen」と、お菓子・パン作りの材料と道具の専門店である   cuoca(クオカ)さんが、スペシャルコラボイベントを定期的に開催され  ており、来月のイベントには、ランウェイで講師を担当しているパティス  リークリエイター 田中博子さんが登場いたします。

  田中博子:
   http://food.runway-jp.com/our-collection/hiroko-tanaka/

 クオカさんで扱っている材料を使ってのジャムレッスン。他にも、デザー  ト1品をデモンストレーションさせていただき、もちろんご試食もござい   ます。

 さらに、来ていただいた皆さまには、サプライズのお土産が!田中さんが  修業した、フランス・アルザス地方にてよく売られているお菓子です。

 修業先でのお話なども交えながらのジャムづくり。普段は、平日の日中に  レッスンを行うことが多い田中さんですが、今回は夜からのレッスンです  ので、これまでご参加いただけなかった方にも、ぜひ足を運んでいただけ  ればと思います。

  Kitchen x cuoca スペシャルコラボイベント
  ・日時:5月21日(金)18時開場
  ・場所:クオカショップ自由が丘

 受講費、募集人数など詳細なご案内は、もう少し先になりますが、クオカ  さんのホームページ、または「Kitchen」の特集ページにご注目ください!

  クオカショップ自由が丘:
   http://www.cuoca.com/library2/shop/jyg/
  Kitchen feature(特集):
   http://kitchen.woman.excite.co.jp/interview/

 また、開催前日には、ランウェイにてジャムレッスンを行います。今回は、  初めて「2層のジャム」をお教えいたします。お楽しみに!

  旬の食材で作るコンフィチュール:
   http://food.runway-jp.com/course/regular-confiture-1/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  2. 「ととけん」ってご存知ですか?
___________________________________

 先日ランウェイの料理教室に、封書が届きました。差出人を見てみると、  「ととけん」さんから。

 「誰だろう?」と思って封を開けると、中には、色とりどりの魚が描かれ  たポスターとリーフレットが。

 説明を読んでみると、「ととけん」とは、魚を意味する日本古来の幼児語  「とと」に、検定の「けん」を合わせた言葉。これは、来月から新たに実  施される「日本さかな検定」のご案内なのでした。

  日本さかな検定:http://www.totoken.com/

 日本は、全国でおよそ200種類もの魚が水揚げされる、世界でも有数の、  「魚食」天国。しかし、近年の魚離れの影響で、日本人が長い間育んでき  た魚食文化の衰退が懸念されています。

 「鰆」はサワラと読み、カンパチは「間八」と書きます。また、イカの数  え方は、「1杯、2杯」。それでは皆さんは、魚屋さんやスーパーで、お魚  を見たとき、何の魚だかわかりますか?

 意外に知らないことが多いもの。まずは早速この機会に「ととけん」模擬  試験にチャレンジし、ご自身の「おさかな力」を試してみましょう!

  「ととけん」模擬試験に挑戦:http://www.totoken.com/exercise/

 各々の魚には、漁の最盛期である「旬」があり、その時期がなんと言って  も一番おいしいものです。ランウェイの料理教室では、講師はみな、旬や  季節に合ったメニューづくりを心掛けています。

 こうした知識を深めることで、日頃から「おいしいもの」が見つけやすく  なるでしょう。そして食べて、大満足。ぜひおすすめです。

 今回は第1回の開催ということもあり大変好評で、申し込み期間が5/5    (水)まで延長になったそうです。そして試験日は、5/23(日)。まだ   まだ間に合いますよ。

 これをきっかけにぜひ、お魚に興味を持っていただけるとうれしいです。  お子さまと一緒に、勉強するのも良いかもしれません!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3. きき酒師 大西美香の酒日記
  『全国縦断、今週の一杯
       - 天狗舞 山廃仕込純米酒(石川県、車多酒造)』
     http://food.runway-jp.com/our-collection/mika-ohnishi/

___________________________________

 夏日のような暖かい日と、冷たい雨が降りしきる日があり、皆さん体調を  崩されていませんか?

 今日は、そんな少しお疲れモードの時に、時間をかけて飲みたい一本を紹  介します。

 車多酒造さんは「山廃仕込」という造りの方法で、全国的に有名なお蔵で  す。創業文政6年、180年もの歴史があります。

  車多酒造:http://www.tengumai.co.jp/

 では「山廃仕込」とは何か?車多酒造さんのホームページに記載されてい  る説明は、以下ようになっています。

 「既成の乳酸を添加せず、自然の乳酸菌を育てて雑菌の増殖を抑制し、低  温でじっくりと育てる酒母製造方法」

 今でこそ、山廃仕込を謳っている蔵が多くなってきましたが、こちらの蔵  が山廃を始めた当初は、厳しい評価が多かったようです。

 米本来の旨味を引き出す為にじっくりと醸された酒は、ともすれば豊潤な  香りといったプラスの評価ではなく、マイナスな印象を与えてしまい、炭  素による濾過をしない為につく黄みがかった色は、酒質が変化したもので  はないかと疑われることもあったそうです。

 しかし、そういった状況下においても、信念を曲げることなく、山廃造り  を継続した結果、今では全国的に名が知られるようになりました。

 今日ご紹介するのは、そんな車多酒造さんの看板商品「天狗舞 山廃仕込   純米酒」です。

 色はかなり濃く黄みがかっており、お猪口に注ぎ入れる鼻を近付けなくと  も、フワ~ッと木の肌のような香りと、甘酸っぱいヨーグルトのような香  りが漂います。

 口に含むと、最初にインパクトのある苦みを、次にこれも少しキツイ酸味  が追い掛けます。その後、酸味と苦みが姿を消すのと入れ替わって、和三  盆のような上品な甘さが顔を出し、特有の香りと共にかなり長い間、口内  に留まるのです。

 山廃の味わいに慣れていない方には、かなり癖のある、ボリュームのある  味わいですが、私はこのふんわりとした甘みが好きで、常温で飲むことが  多くあります。

 これを燗につけると、全く別の表情に。香りは綿あめのような、それも少  しざらめが焦げたような、香ばしいものに変化します。さっきまでの固さ  はどこへやら。

 うっすらと感じる苦み、酸味、渋みもあるのですが、米本来の甘みと旨味  が調和し、何とも言えない柔らかな味わいに。疲れた身体に染み入るこち  らのお酒は、自宅に常備しておきたい一本です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4. 料理研究家 Kaoriのミニミニコラム『1行レシピ - 舞茸』
          http://www.runway-jp.com/our-collection/kaori/

___________________________________

 この時期、大ぶりで美味しい舞茸が出回っています。昔、舞茸を見つけて  食べた人が、舞い上がるように美味しかったことから、「舞茸」という名  前がついたそうです。

 ・舞茸のクリームパスタ
   (舞茸の風味としょう油が、香ばしくコクのあるパスタです)
  「舞茸とベーコンを炒め、バターとしょう油で味付けしたら、生クリー    ムを加え、茹でたパスタと和えます」

 ・舞茸グリル
   (さっぱりとしたレモンの風味が、後を引きます)
  「にんにくの香りを移したオリーブオイルで舞茸を炒め、塩、こしょう    をふり、レモンを絞って完成!」

 ・舞茸の中華炒め
   (ぴりっと辛めに仕上げた一品は、常備菜としても重宝します)
  「豚コマと舞茸をゴマ油で炒め、酒、豆板醤、コチジャンで仕上げます」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  5. 今後の料理教室スケジュール
               http://www.runway-jp.com/schedule/
___________________________________

 「コトコトおうちゴハン

  講師:Kaori
  料金:5,500円
  日時:5/15(土)14:30~16:30
     5/27(木)19:30~21:30
     6/23(水)19:30~21:30
     6/27(日)11:30~13:30

 「天然酵母のパンづくり

  講師:Kaori
  料金:5,000円
  日時:5/15(土)11:00~13:00
     6/06(日)15:00~17:00

 「旬の食材で作るコンフィチュール

  講師:田中博子
  料金:7,000円
  日時:5/20(木)14:30~17:00

 「男のキホン料理(男性限定)

  講師:Kaori
  料金:4,000円
  日時:5/08(土)11:00~13:00
     5/09(日)11:00~13:00
     5/13(木)20:00~22:00

 「お酒に合う男の料理」(女性のご参加も可)

  講師:Kaori
  料金:6,000円
  日時:4/30(金)19:30~21:30
     5/09(日)15:00~17:30
     6/05(土)18:00~20:30

 「北から南へ日本縦断 きき酒の会

  講師:大西美香
  料金:5,500円
  日時:5/16(日)15:00~17:00
     6/05(土)15:00~17:00

 「ソムリエによるワインテイスティングの会

  講師:山田武善
  料金:5,500円
  日時:5/29(土)16:00~18:00
     7/24(土)16:00~18:00

 お申し込みは、予約フォーム、電話、またはメールで。
 (ご予約、キャンセルは、開催日「2日前の18時まで」お受けいたします)

  予約フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/yoyaku/
  電話 : 03-5418-4455
  メール : yoyaku@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 直隆
  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ   ければ幸いです。また下記のフォームより弊社までご連絡いただければ、  宛先リストに追加いたしますので、よろしくお願いいたします。

  配信希望フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/newsletter/

 今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望される方に   つきましても、弊社までご連絡いただければ早急に対応いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ | ランウェイの料理教室

 TEL : 03-5418-4455
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/