ランウェイ通信 Vol.019


 ランウェイ通信  Vol. 019 | 2010.02.12

 FOOD. DESIGN. LANGUAGE.      http://www.runway-jp.com/

___________________________________

 このメールは、これまでランウェイの料理教室や食事会にお越しいただい   た皆さま、出張料理やその他サービスに関するお問い合わせをいただいた   皆さま、および日頃よりお世話になっている方々にお送りしております。 ___________________________________

 [もくじ]

 1. 「きき酒の会」がスタートします!
 2. 「男の料理教室」は、これから進化していきます。
 3. きき酒師の酒日記『全国縦断、今週の一杯』
 4. Kaoriのミニミニコラム『1行レシピ』
 5. 今後の料理教室スケジュール

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  1. 「きき酒の会」がスタートします!
___________________________________

 前号のランウェイ通信よりスタートした、新しいコラム『全国縦断、今週  の一杯』。

 この酒日記を担当し、新たにランウェイに立つ、きき酒師の大西美香さん  のレッスンが開講します。

  北から南へ日本縦断 きき酒の会:
   http://food.runway-jp.com/course/class-kiki-sake-1/

 全国のおいしい日本酒に出会うため、現在、いろいろな地方を巡っている  彼女が、皆さんにぜひご紹介したい日本酒を提案するレッスンです。

 酒用語、日本酒の作られる工程などの座学的な講座は、いずれ開講したい  と思いますが、「まずは飲んで、味を知っていただきたい!」ということ  で、気軽に楽しめる「テイスティング」を目的とした内容となります。

 今月のテーマは「北海道 & 青森 編」。

 そう。今回の北海道、青森を皮切りに、今後のレッスンでは、北の地域の  日本酒からずらっと飲んでいく構成です。

 47都道府県で造られている日本酒をすべてテイスティングしていくには、  だいぶ時間が掛かってしまいますので、1回のレッスンで、2~3の地域を  ピックアップ。日本酒の一杯から、その地方に触れることができるような  空間を作っていければと思っております。

 レッスンでは、4種類ほどの日本酒をご用意し、飲み方の違いもご提案しま  すので、合計6種類ほどのテイスティングをお楽しみいただけます。燗の温  度でガラリと変わるおいしさも、ぜひ味わってください。

 また、大西さんは「Nobu Restaurants」などを展開する松久信幸氏のレス  トラン向けに、オーダーメイドの清酒、焼酎、ビールを製造している新潟  県佐渡市「北雪酒造」の企画営業としても活動中です。

  Nobu Restaurants:http://www.noburestaurants.com/
  北雪酒造:http://www.sake-hokusetsu.com/home/

 酒蔵のこと、佐渡島のこと、そして「NOBU TOKYO」のお料理との相性に  ついてもお話しできればと思っています。

 ありそうでなかった「日本酒のレッスン」。ぜひお楽しみに!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  2. 「男の料理教室」は、これから進化していきます。
___________________________________

 1月より開講した男性向けの教室は、2コースとも好評をいただき、料理研  究家 Kaoriさんもレッスンの構成には、いつも以上に気合いを入れ、皆さ  んにより満足していただけるよう、いろいろと工夫を凝らしています。

 毎月テーマを決めて、メニューを組み立てている「男のキホン料理」。こ  ちらは、9割以上が実践で進めていく内容で、Kaoriさんの得意なおうちゴ  ハンのキホンをお教えしています。

  男のキホン料理:
   http://food.runway-jp.com/course/class-otoko-kihon-1/

 男性が包丁の持ち方を一から学び、いろいろな切り方に挑戦したり、一人  ずつお箸を使って、だし巻き玉子を作ったり。メモを取ったり、写真を取  る暇はなかなかない分、レッスンが始まる前の説明と、終わった後の復習  には、時間をたっぷり用意しています。

 また、レッスン内では、注目するキッチンツールを一点ピックアップし、  その調理器具のポイント、使い方をしっかりとお伝えしています。

 これまでご紹介したのは、以下の2点。カッコ良くて、使いやすい優れもの  です。「男のキホン料理」のページにも写真を掲載しています。

  ヘンケルス 『ミラノシリーズ / Hi Style Elite シリーズ 三徳包丁
  WMF 『Profi Plus ミソスープストレーナー

 おうちゴハンは、日本の季節行事に合わせて作っていきたいメニューもあ  りますので、男性の方にもぜひ習っていただき、ご自分の味をご家族と作  っていって欲しいなと思っています。

 女性も参加できる「お酒に合う男の料理」は、料理を実習されたい方も、  見るだけでメモを取ることに専念されたい方でも、自由に参加していただ  ける内容です。

  お酒に合う男の料理:
   http://food.runway-jp.com/course/class-otoko-osake-1/

 お酒には詳しいけど、料理、おつまみにはこれまで手を出さなかった男性  の方々と一緒に、この会を盛り上げていきたいです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3. きき酒師 大西美香の酒日記
  『全国縦断、今週の一杯
       - 磯自慢 中取り純米大吟醸 35(静岡県、磯自慢酒造)』
     http://food.runway-jp.com/our-collection/mika-ohnishi/

___________________________________

 第2回目は、私が「今一番はまっている一本」をご紹介します。

 神奈川県相模原市にある久保田酒造。京王線橋本駅から車で30分ほどの地  にあるお蔵です。初めに場所を聞いた時には「そんな都会でお酒を造って  いるの?」と驚きました。

  久保田酒造:http://www.tsukui.ne.jp/kubota/

 実際、蔵に伺ってみると周りには森が茂り、目の前には豊かな水量の川が  流れ、まさに大自然の懐に抱かれたお蔵でした。

 創業は1844年、160年以上の歴史を持ちます。お酒を醸すのは久保田兄弟  を中心とした4人の蔵人。杜氏である久保田晃氏は芸大出身、弟の徹氏は全  日本を含む大会で数々の優勝経験を持つスノーボーダー。

 そんな異業種の世界にいた二人だからこそ、ひた向きに真っ直ぐに日本酒  造りに取り組めたのでしょう。彼らが造りを始めてからまだ「5造り目」に  も関わらず、その味わいは口コミで広まり全国にファンが急増しています。

 「山田錦」「美山錦」「雄町」と3種の純米吟醸があるのですが、私が一番  はまっているのは「雄町」。

 口に含むと、上品な吟醸香がふわっと鼻から抜け、その香りに連動してフ  レッシュでジューシーな旨味が口一杯に広がります。その後、綺麗な酸が  グッと伸びてきてから、サーっと軽やかに消えていきます。

 米の旨味、甘味はしっかりとあるのですが、キレが良いので「もう一口、  もう一口」と追いかけてしまうのです。

 先週発売の『dancyu』の日本酒特集にも取り上げられ、日本酒業界を牽引  する存在になるのは必至です。

  『dancyu』(プレジデント社):http://www.president.co.jp/dan/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

4. 料理研究家 Kaoriのミニミニコラム『1行レシピ - 白菜』
          http://www.runway-jp.com/our-collection/kaori/

___________________________________

 冬に大活躍の「白菜」。丸ごと使いきりたいお野菜ですね。

 ・白菜のミルフィーユ
   (豚肉の旨みが白菜に重なり、さっぱりとした鍋にもなる一品です)
  「こしょうで下味をつけた豚肉と白菜を、交互に重なるように鍋に入れ    て、酒をふりかけ、豆乳を加え、ふたをして火にかけます」

 ・白菜とパクチーのさっぱり和え
   (ビタミンたっぷりのパクチーと白菜で、風邪予防を!)
  「パクチーと白菜はざく切りにし、塩、酢、砂糖、ラー油と和えたら、    ゴマを散らして完成」

 ・白菜の渦巻きロール
   (見た目も可愛い一品、スープの具材としてもオススメです)
  「白菜にベーコンをのせ、幅を切り揃えたら、根の方から巻き込み、パ    スタなどで留め、水、コンソメを加えて加熱し、塩、こしょうで味を    整えます」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  5. 今後の料理教室スケジュール
               http://www.runway-jp.com/schedule/
___________________________________

 「コトコトおうちゴハン

  講師:Kaori
  料金:6,000円
  日時:2/23(火)19:30~21:30
     3/07(日)14:00~16:00
     3/23(火)19:30~21:30

 「機械なしでも作れる生パスタ

  講師:赤塚律子
  料金:6,000円
  日時:3/20(土)11:30~14:00

 「天然酵母のパンづくり

  講師:Kaori
  料金:5,000円
  日時:2/17(水)10:30~12:30
     3/17(水)10:30~12:30
     3/28(日)10:30~12:30

 「旬の食材で作るコンフィチュール

  講師:田中博子
  料金:7,000円
  日時:3/16(火)14:30~17:00

 「男のキホン料理(男性限定)

  講師:Kaori
  料金:4,000円
  日時:2/16(火)20:30~22:30
     3/07(日)11:00~13:00
     3/16(火)20:30~22:30

 「お酒に合う男の料理」(女性のご参加も可)

  講師:Kaori
  料金:6,000円
  日時:3/10(水)11:00~13:00
     3/28(日)15:00~17:00

 「北から南へ日本縦断 きき酒の会

  講師:大西美香
  料金:5,500円
  日時:2/20(土)15:00~17:00
     3/27(土)13:00~15:00

 「ソムリエによるワインテイスティングの会

  講師:山田武善
  料金:5,500円
  日時:3/27(土)16:00~18:00

 お申し込みは、予約フォーム、電話、またはメールで。
 (ご予約、キャンセルは、開催日「2日前の18時まで」お受けいたします)

  予約フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/yoyaku/
  電話 : 03-5418-4455
  メール : yoyaku@runway-jp.com

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 [ 編集・発行 ]

  村田 直隆
  村田 聖子

 [ バックナンバー ]

  これまで配信したランウェイ通信をWebサイトにアップしております。

  ランウェイ通信:http://www.runway-jp.com/newsletter/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 お近くにご興味のある方がいらっしゃいましたら、当メールを転送いただ   ければ幸いです。また下記のフォームより弊社までご連絡いただければ、  宛先リストに追加いたしますので、よろしくお願いいたします。

  配信希望フォーム:http://www.runway-jp.com/forms/newsletter/

 今後送付をご希望されない方、メールアドレスの変更をご希望される方に   つきましても、弊社までご連絡いただければ早急に対応いたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 株式会社ランウェイ | ランウェイの料理教室

 TEL : 03-5418-4455
 E-mail : info@runway-jp.com
 URL : http://www.runway-jp.com/